家賃 払えない

お金が無くて払えない・・・

もし今月お金が無くて家賃が払えなかった場合、今後どうなるのか不安ですよね・・・。

 

家賃を滞納してしまった場合について調べてみると、
まずは大家さんや管理会社から連絡が入ります。
それで支払えないなら連帯保証人に連絡がいくようです。最初の契約の際に、保証人は必ず誰かを記入しているはずなので、その方に連絡が行くことになりますね。

 

それでも支払いが不可能だったとなれば、「強制退去」ということになります。支払えないなら出ていけ!という事ですね…。そのような言い方はされないでしょうが、同じようなことですね。

 

最近では、保証協会に強制的に入らないといけない不動産も多いみたいです。
借りるときに連帯保証人の登録とは別に保証協会に加入しないといけないそうです。家賃の1ヶ月分とか1年ごとに更新料を払わないといけなかったと思います(・・;)
やっぱり滞納したり、支払いができないという問題が増えているからでしょうか・・・。

 

強制退去されない為には?

万が一強制退去させられた場合、どうしていいかわからなくなりますよね。想像もできないかと思います。実家が近くて済ませてもらえれば何とかなりますが、住む場所もない場合は、新たにどこか借りなければなりません。

 

しかし、1ヵ月分の家賃も払うことができないのに、不動産屋さんに行っても借りる場所なんてありません。初期費用なんて払うことさえできませんからね。

 

という事は強制退去になった場合は、ホームレスと同じような生活をしなければならないことになります。公園や裏路地での寝泊まり生活です。

 

短期間でも友人や知人、職場の同僚などの家を貸してもらえればいいですが、長期間にわたって住んでも良い人なんていませんし、嫌がられるだけですからね。

 

やっぱりそうならないためにも、滞納せずにしっかりと家賃を払うようにしたほうがいいです。

 

もし今月の家賃が払えない場合はまずは大家さんや管理会社に相談をするようにしましょう。ちゃんと家賃が払えない理由や、いつまでに支払いいるかをきっちりと伝えることで、支払いを待ってもらえる場合があるからです。

 

毎月毎月滞るようでしたらさすがに難しいと思いますが、初めての対応であれば何とかなる可能性もあります。

 

ただ、できれば1度でも滞納しないに越したことはありません。滞納してしまうと大家・管理会社からのイメージも悪くなってしまいますから。

 

そのような場合はオススメなのは、お金を借りる方法です。親や友人から借りれればオーケーですが、それができない場合カードローンで借りるのが良いでしょう。

 

お金を一家月分でも借りることができれば家賃の滞納を防ぐことができますので、最悪の強制退去と言う状況は免れることができます。お金を借りるという事は抵抗がある方もいるかと思いますが、住むところがなくなるよりはマシですからね。

 

大手のカードローン会社ですと、インターネットからのお申し込みが可能です。24時間365日対応していますので、早ければ即日審査、即日融資でお金を借りることもできます。

 

急ぎでお金が必要な場合や、支払いの期日が迫っている場合、こういったカードローンを利用する便利だと思いますよ。

 

ローン会社でも大手のところであれば、低金利で安心してお金を借りることができます。

 

お勧めのカードローン会社

  • プロミス
  • アコム
  • モビット

 

 

支払い後どうするか?

今回は、なんとか滞納を避けられたとしても、今後もお金が支払えない可能性もありますよね。

 

そういった場合は、今の自分の余力を計算して、自分に見合った場所へ引っ越すと言うことも検討の1つに入れてもいいかもしれません。ちゃんと仕事をしていたとしても月々の支払いの費用が超えている場合貯金を崩して勝するしかなくなります。

 

最初はそれでいいかもしれませんが毎月毎月貯金を崩していくと、生活がもちろん苦しくなっていくのです。そのまま、そのようなギリギリの生活をしていても、金銭面だけではなく精神的にもきついです。

 

一般的に家賃の目安としては、今もらっている給料の3分の1位がいいと言われています。例えば月収が180,000円位の方であれば、大体60,000円位の家賃のところだと生活がしていけそうです。

 

もちろんこれは目安ですので、60,000円よりも安くても高くても良いのですが、日ごろの生活を振り返ってみて、毎月生活が苦しいようであればもう少し安い所で生活してもいいかもしれませんね。

 

確かに、引っ越すのにもお金がかかってしまいます。初期費用や引越し代金を含めると数万円はかかると思います。しかし、それでも長い目を見ると結果的には安く成果することができますので、早めに金銭対策を始めるようにしましょう。